架空請求の連絡がきたときの対処法

Pocket

逆援助交際をするために、ほとんどの人が出会い系サイトを利用します。しかしそのなかにはURLをクリックしただけで10万円、退会料で50万円など……突然法外な金額を請求してくるものもあります。これらはほぼ間違いなく「架空請求」と呼ばれる詐欺なので、間違っても金銭を振り込んだりしないようにしてください。

メールや逆援助サイトで、法外な金額を請求された

架空請求にはさまざまなケースがありますが、代表的なものがサイトやメール、電話を通しておこなわれます。逆援助専門サイトだと思って会員登録をしたら、いきなり入会料や、女性と出会うための仲介料を請求されることがあります。期限をすぎると料金が増える、裁判の用意があるなどの脅迫文を見て、慌てて銀行口座に振り込んでしまう人もいるようです。

特に電話には注意してください。知らない番号からの着信に応じたら、いきなり詐欺グループに脅迫を受けたという被害もあります。もし相手が逆援助の話をしたとしても、電話番号を教えた覚えがない場合はまともに話を聞いてはいけません。

詐欺グループは非常に高圧的な話し方をしてくるため、気の弱い人はそれだけで相手のペースに巻き込まれる危険があります。怪しいと感じたらすぐに電話を切り、番号を着信拒否にしましょう。電話があまりにもしつこいようなら、「警察署に行くのでそこで話そう」と言ってみてください。すぐに連絡が途絶えるはずです。

自宅に裁判所からの呼び出し状が届いた

架空請求の電話やメールは無視してもかまいませんが、もし自宅の住所宛てに裁判所からの「呼び出し状」が届いた場合は、かならず行動を起こしましょう。この場合、出廷しなければ敗訴が確定してしまいます。どんなに理不尽な訴えであっても、あなたが無視すれば裁判に負けて慰謝料を払わされる危険があるのです。

しかし実際に裁判所から呼び出しが来ることは、めったにありません。裁判所は架空請求をするような悪徳業者に令状を出すことはないからです。もし身に覚えのない呼び出し状が届いたら、実際に地元の裁判所や警察、消費者センターなどに連絡して、本当かどうか確かめることをおすすめします。

もしその郵便物に、あなたの本名が書かれていない、法廷以外の場所での待ち合わせを指定している、出廷ではなく示談金の申し込みについて書かれている、といった内容であれば詐欺の可能性が高いでしょう。焦らず、冷静に内容を確認してください。

落ち着いて対処すれば被害は防げる

詐欺グループは裏業者から買い取った連絡先に、一斉にメールや電話をしています。そして反応があった人をターゲットに選び、お金をだまし取ろうと考えているのです。逆援助に関わる連絡だと思ってうっかり反応したりせず、その番号やアドレスを受信拒否に設定してください。

架空請求のなかには「逆援助のことを家族や会社に連絡する」といって脅迫してくるものもあります。しかしこれらは相手をおびえさせるための言葉であり、まったくのデタラメです。電話番号やメールアドレスから住所や勤め先を読み取ることはできないので、信用してはいけません。

一番の対処法は、「無視」することです。無視しつづけていれば、それ以上被害が増えることはありません。逆に相手の話を鵜呑みにしてしまえば、どんどん弱みにつけこまれてしまいます。慌ててお金を振り込んだりせずに、落ち着いて対処しましょう。

関連ページ

逆援助 TOP