逆援助希望の女性をメロメロにして報酬アップを狙おう!

Pocket

逆援助を希望する女性の年齢層は比較的高いです。年齢的には30歳代から50歳代までの女性です。年齢層の高い女性が逆援助のメイン層になっています。

40歳代以上の女性は性的欲求不満を持っているからこそ、逆援助を希望しているのです。

1ovI45e

結婚も長くなるとSEXレスになって性的な満足を得られていないのでしょう。お子さまも手がかからなくなって暇な時間を持てあましているのです。

また40歳代は性欲が増してくる年代とも言われてます。だからこそ、お金を出してまで満たされたいのです。

逆援助希望の女性を満足させてメロメロにすると報酬もアップしてきます。女性によって金額や品物はちがってきます。大抵の女性は報酬をアップしてくれます。

そうするには女性が理想としている男性以上にならないと駄目です。女性が希望していること以上のことをして満足させてあげればいいのです。例えばSEXを1回して欲しいと言ったら2回してあげて「あなたが魅力的だから……つい」と耳元で囁きましょう。

週に2回会いたいと言えば、3回会って「会いたかったよ!」と言えばいいのです。女性が期待していること以上のことをあなたが奉仕できれば女性は満足して喜びます。

徐々にあなたに夢中になってくるでしょう。女性を最優先に考えれば報酬は自動的にアップすると思います。

報酬アップの具体的テクニックを学ぼう

逆援助を求める女性はいくつかの種類に分かれます。既婚者か独身か、専業主婦かキャリアウーマンかどうかです。さらに年代によっても性的な趣向が変わってきます。他のライバルよりも多くの援助を受けるためにも、相手に合わせたテクニックを覚えておきましょう。

○30代女性の場合

  • 主婦
    逆援助専門サイトの利用者は30代の主婦がかなりの割合をしめています。とくに30代後半となると、夫婦関係にマンネリが生じ、セックスレスにおちいることが多くなります。そこで人妻たちは、不倫というかたちで欲求不満を解消したいと考えるようになているのです。
    女性の性欲のピークは、おおよそ35歳前後だといわれています。そのため男性から求められなくなることに寂しさと不安をおぼえます。やさしく愛のあるSEXをして、彼女の心の隙間を埋めてあげてください。
  • 自立系OL
    30代の独身OLは常に心が休まらない生活を送っています。職場で頼りにされ、やりがいも十分感じていますが、心の中ではひとりの女性として大切にされたいと感じているようです。彼女たちは自分を癒やしてくれる男性を探すために逆援助を利用します。なかにはパートナー探しの出会いの場だと考えている人もいるようです。
    そんな女性に出会ったときは、まずは気心の知れた友人のように付き合ってみましょう。SEXでも受けと責めを交互に変えながら、ゲーム感覚で楽しんでください。恋愛に発展するかしないかというスリルが、2人の関係をさらに盛り上げてくれるはずです。

○40代女性の場合

  • 主婦
    40代の主婦は子育ても落ち着き、家に1人でいる時間が増えてきます。そのとき持て余した性欲に誘発されてと合わせて、さまざまな妄想をするようになります。この年代の主婦層が「昼ドラ」と呼ばれる愛憎劇にハマるのはそのためです。
    ドラマのような設定を作って2人で演じ分ければ、普通のSEXとはまた違った刺激が得られます。宅配員と主婦の情事といったAVのような設定も、40代の主婦なら笑って受け入れてくれることが多いようです。積極的に提案して、相手好みの役柄に変身しましょう。
  • 自立系OL(独身)
    40代のOLのほとんどは、結婚をあきらめて仕事に生きることを選んだ女性たちです。彼女たちが逆援助に求めるのは恋愛ではなく、単純な性欲の解消になります。またSEXは美容や更年期対策にもいいと言われており、それによって若々しさを保とうと考える人もいます。
    このタイプの女性はとにかくベッドの上で楽しませることが必要です。もしあなたが彼女よりも年下なら、若さに任せた強引なSEXが喜ばれるでしょう。相手を疲れさせるぐらい時間をかけて行為におよべば、それだけ満足度も高くなります。負けず嫌いの40代独身女性は、次は自分が優位に立ちたいと思い、再びデートを申し込んでくるはずです。

○50代女性の場合

  • 主婦
    50代の主婦ともなると性欲はしずかに減退していきます。こういった女性が逆援助に求めるのは、性行為そのものよりもデートなどで一緒に過ごす時間です。彼女たちは夫にも子供にも相手をしてもらえず、孤独を感じています。そんな心の隙間を埋めてほしいと考えているのです。
    会う時間のほとんどを食事や買い物、散歩などにあてて、楽しいデートの時間を演出してみましょうにあてて、食事や買い物、散歩を楽しみましょう。あなたと過ごす時間が楽しいと感じていれば、相手はあなたとの関係を長く続けたいと思います。SEXのときは激しい行為は避け、落ち着いたスローセックスを心がけてください。キスやペッティングだけでも相手は大事にされていることを感じるはずです。
  • 独身
    50代独身女性は会社の経営者や政治家、ときには芸能人であることもあります。この年代と逆援助をするときは、相手にかわいがられることが大切です。仕事でも結果を出している彼女たちは、自分が寂しいということを認めることができません。相手を優位な立場に立たせながら、心の隙間に入っていきましょう。
    SEXのときも相手の責めにおおげさに反応するぐらいがでいいでしょう。経験豊富な女性に教えてもらうという姿勢でのぞめば、彼女の自信を利用して喜ばせることができます。かわいいあなたを養うために、報酬もはずんでくれるかもしれません。

あまり長期にわたる援助の場合の注意点

あなたが逆援助で女性を喜ばせることができれば、何年も交際を続けることになるかもしれません。恋愛感情が芽生え、別れづらくなることもあります。逆援助をあくまでもビジネスと考えるのなら、そういう状態におちいらないように注意しましょう。

相手が独身だった場合、あなたと結婚したいと言いはじめるかもしれません。なかには女性がストーカーになってしまったという例も少なくありません。こそんなことうになれば報酬をもらうどころか、あなた自身の私生活にも影響がおよびます。相手を「客」だと割り切るのなら、つねに一定の距離を保つようにしてください。

人妻と不倫をする場合は、関係が長引くほど泥沼化していきます。もし夫に交際がばれて裁判沙汰になれば、あなたが慰謝料を請求されることもありえます。既婚者と逆援助をするときはリスクを考えて、先に身を引くことも考慮に入れて覚えておきましょう。

関連ページ

逆援助 TOP